本文へスキップ


 




┃正社員募集┃アルバイト・パート募集┃

 天下一品の歴史と志


創業者 木村勉

大阪万博が開かれた翌年、昭和46年(1971年)、京都で一人の男がラーメンの屋台を引きはじめた。

現在、天下一品グループ4社を率いる木村勉社長36歳の時である。

それまで15年間勤めていた絵画を扱う会社が倒産、妻子を抱えながら生きていくために選んだのがラーメン屋台だった。「ほかに働くところもあったんやけどね、使われていてもしょせんアカンから。でも、何かしようと思ってもお金が無い。」持ち金3万7千円。

拾い集めた廃材を板金職人の友人に組み立ててもらってのスタートだった。

初日の売り上げは11杯。当時の一般サラリーマンなみの収入を得られる100杯を売る為に「まる1年掛かったね」・・・。

仕入れの現金が底をつく。そのうえ屋台の縄張りを巡っての嫌がらせも毎晩のように続く。

しかし、一切抵抗しない。「何回やめようと思ったかわからへん。それでも辛抱するしかなかった。」包帯を巻きながらも、黙々と麺をさばく頭の中には「どうしたら、もっとお客さんにもっと来てもらえるような味をつくれるんやろ」そんな思いで一杯だった。

京都は全国でも、ラーメンの種類が多く、またうまい店も多い。値段の手頃なラーメンがウケる学生の街でもある。どの店も切磋琢磨しあう。「サラリーマン時代、仕事帰りに寄ったラーメンの屋台で、これなら自分でもできるんちがうか」とやりかけたものの、実際は大変奥が深かった。

スープづくりの基本は屋台仲間のおじさんから教わった。どこの屋台でもある醤油味のスープ。「基本は教えてもらったけど、この味ではお客様にわざわざ来てもらえない」・・・・、屋台を引きながら、脇に別の寸胴鍋をかけ、いろんな材料を「あれもアカン、これもアカン」と毎日四苦八苦しながらやっと納得のゆく味にたどり着いた。天下一品秘伝のスープの誕生である。屋台を引き初めてから4年目の事だった。

「このコクは何と何を入れたから出ると言うもんでもないんです。

鶏と野菜をベースにしたこのスープは、”こってり”と称されているものの、脂っぽさをまったく感じさせない。むしろまろやかでコクのあるスープ。

あれから約四十年、私たちが変わらずにこの味を守り続けてこれたのは天・地・人への感謝があったからです。それは生産者の方々から頂戴した天と地の恵、食材への感謝。天下一品のラーメンを「うまい」と召し上がってくださるお客さまへの感謝です。

沢山のお客さまに育てて頂き、現在関西を中心に約二百軒の家族を持てるまでに成長いたしました。今日も、それぞれ天下一品がその地に根づき、一日一日を大切に感謝の心と志を持ってラーメンを作り続けています。

大阪万博が開かれた翌年、昭和46年(1971年)、京都で一人の男がラーメンの屋台を引きはじめた。

現在、天下一品グループ4社を率いる木村勉社長36歳の時である。

それまで15年間勤めていた絵画を扱う会社が倒産、妻子を抱えながら生きていくために選んだのがラーメン屋台だった。「ほかに働くところもあったんやけどね、使われていてもしょせんアカンから。でも、何かしようと思ってもお金が無い。」持ち金3万7千円。

拾い集めた廃材を板金職人の友人に組み立ててもらってのスタートだった。

初日の売り上げは11杯。当時の一般サラリーマンなみの収入を得られる100杯を売る為に「まる1年掛かったね」・・・。

仕入れの現金が底をつく。そのうえ屋台の縄張りを巡っての嫌がらせも毎晩のように続く。

しかし、一切抵抗しない。「何回やめようと思ったかわからへん。それでも辛抱するしかなかった。」包帯を巻きながらも、黙々と麺をさばく頭の中には「どうしたら、もっとお客さんにもっと来てもらえるような味をつくれるんやろ」そんな思いで一杯だった。

京都は全国でも、ラーメンの種類が多く、またうまい店も多い。値段の手頃なラーメンがウケる学生の街でもある。どの店も切磋琢磨しあう。「サラリーマン時代、仕事帰りに寄ったラーメンの屋台で、これなら自分でもできるんちがうか」とやりかけたものの、実際は大変奥が深かった。

スープづくりの基本は屋台仲間のおじさんから教わった。どこの屋台でもある醤油味のスープ。「基本は教えてもらったけど、この味ではお客様にわざわざ来てもらえない」・・・・、屋台を引きながら、脇に別の寸胴鍋をかけ、いろんな材料を「あれもアカン、これもアカン」と毎日四苦八苦しながらやっと納得のゆく味にたどり着いた。天下一品秘伝のスープの誕生である。屋台を引き初めてから4年目の事だった。

「このコクは何と何を入れたから出ると言うもんでもないんです。

鶏と野菜をベースにしたこのスープは、”こってり”と称されているものの、脂っぽさをまったく感じさせない。むしろまろやかでコクのあるスープ。

あれから約四十年、私たちが変わらずにこの味を守り続けてこれたのは天・地・人への感謝があったからです。それは生産者の方々から頂戴した天と地の恵、食材への感謝。天下一品のラーメンを「うまい」と召し上がってくださるお客さまへの感謝です。

沢山のお客さまに育てて頂き、現在関西を中心に約二百軒の家族を持てるまでに成長いたしました。今日も、それぞれ天下一品がその地に根づき、一日一日を大切に感謝の心と志を持ってラーメンを作り続けています。

創業者 木村勉